スナック研究会

サントリー文化財団研究助成 「日本の夜の公共圏」

このブログについて

 本ブログは、通称「スナック研究会」の活動についてのお知らせなどを行うものです。研究会の内容、メンバーやお問い合わせ先については、以下をご参照。

 スナック研究会では、以下のような研究成果物を刊行しています。 

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

 

  なお、本ブログは基本的に研究会代表の谷口功一(首都大学東京・教授)によって運営されています。

 

メディアなどでのスナック研究会の紹介

 

 【謹告】2017年6月21日、スナック研究会の成果物として白水社から『日本の夜の公共圏ーースナック研究序説』が刊行されました。Amazonでも22日より発売開始しています。  

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

 

 

 以下、備忘も兼ねて当スナック研究会関連のメディアでの紹介記事などについて記し留め置きます(随時、更新)。

 

2016年01月15日 スナック情報サイト・スナッカースナック研究会参加レポート」【取材】

2016年03月26日 『大分合同新聞夕刊「My ふるさと」欄【取材】

2016年09月26日 大分県別府商工会議所主催・料飲組合協賛の講演会「スナックからの地方創生」於別府市ラフィネマリアージュ迎賓館

2016年09月27日 西日本新聞超短波」欄(上記講演会の紹介)【取材】

2016年09月28日 別府・今日新聞』(上記講演会の紹介)

2016年10月20日 西日本新聞取材記事「スナックは地域の財産」【取材】

2016年11月28日 福岡RKBラジオ「二丁目お茶の間劇場」[谷口・電話出演]

2017年01月20日 文藝春秋2017年2月号、巻頭随筆「スナックからの地方創生」[谷口筆]

2017年01月24日 『全国商工新聞』2017年1月31日号【取材】

2017年01月29日 『OCEANS』スナックという名の愉楽」連載開始(全12回)【取材】

2017年02月01日 日本食糧新聞「胃心伝真=スナック今昔」

2017年02月23日 中国新聞「人のつながりに酔いたい~オピニオン“言”欄」【取材】

2017年04月12日 日刊ゲンダイ「大学地下研究室」連載第11回【取材】

 → 同日、MXテレビ5時に夢中!」で上記記事紹介。

2017年04月14日 日経MJ(流通新聞)』「スナックの憩い再び」 【取材】

 

~~~ 2017年6月21日:『日本の夜の公共圏』刊行 ~~~

 

2017年06月23日:『ニコニコ生動画・国際政治ch(仮)』

 「池内恵×谷口功一」[谷口出演]

2017年07月05日:都築響一 ROADSIDER'S Weeklyで紹介

2017年07月05日:『デイリーポータルZ』

 「学者が本気でスナックを研究して分かった10のこと」【取材】

2017年07月06日:『日経新聞(夕刊)』目利きが選ぶ三冊「スナックから見える国家像」評者=速水健朗 

2017年7月~12月(全6回連載)『全国商工新聞』「随想」欄[谷口筆]

 第1回(07月10日号):「夜のスナック研究事始
 第2回(08月07日号):「オリンピックとスナック
 第3回(09月11日号):「スナック黎明期
 第4回(10月09日号):「カラオケとスナック
 第5回(11月16日号):「スナックの地理学
 第6回(12月04日号):「スナックからの地方再生

 2017年07月15日:パブリッシャーズレビュー白水社の棚・夏号

 「スナックを「学問」する意味」[谷口筆]

2017年07月21日:週刊現代「特選ノンフィクション・スナックの「深層」へ」

2017年07月21日:京都新聞「教養図書案内」で紹介

2017年07月22日:東洋経済書評欄(評者:中沢孝夫)7月29日号

2017年07月24日:『全国商工新聞』「商売繁盛」欄で紹介

2017年07月24日:TOKYO-FM・ラジオ『TIME-LINE』「イマジネーション」のコーナーで紹介

 → 以下、書評も。

2017年07月25日:『BOOKウォッチ』学者が「スナック」を真面目に研究すると

2017年07月27日:週刊文春8月3日号、「新刊推薦文」で紹介

2017年07月29日:『ポストセブンニュース』法哲学者が熱く語るスナック論「階級的差異がないのが長所」(神田憲行・取材)

2017年07月30日:北海道新聞書評欄で紹介(評者:横尾和博

2017年07月31日:『山梨日々新聞』時事通信電「夜の社交場の奥深さ」※

2017年07月31日:『山口新聞』時事通信電※

2017年08月01日:『都市問題』第 108 巻第 8 号「新刊紹介

2017年08月01日:週刊朝日書評欄で紹介(評者:栗下直也)

2017年08月02日:日刊ゲンダイ著者インタビュー【取材】

 2017年08月02日:福島民報「情報ナビTime」で紹介

 2017年08月03日:PRESIDENT Online「21歳で"スナック"を開業 新米ママの6年
酔いどれスナック経営学その1
」で紹介

2017年08月04日:夕刊フジ「玉ちゃんのスナック酔虎伝」にて紹介

2017年08月04日:『President Online』「21歳で"スナック"を開業 新米ママの6年」中で紹介

2017年08月06日:信濃毎日新聞読書欄にて紹介

2017年08月06日:北海道新聞「鳥の目虫の目」欄でご紹介(平松洋子

2017年08月07日:ニューズウィークweb版「地方都市のスナックから「日本文明論」が生まれる理由 【取材】→ NewsPicks でも反響

2017年08月08日:ホウドウキョクでの紹介佐々木俊尚

2017年08月10日:MONDO GROSSO 大沢伸一氏が影響を受けた本(No.731)

2017年08月11日:夕刊フジ玉袋筋太郎 玉ちゃんの酔滸伝「心強い味方の出現! 冷静で正確な眼で学術的に研究した本「スナック研究序説」

2017年08月12日:沖縄タイムス書評/スナックの「濃密」な魅力

2017年08月13日:『東奧日報』書評欄で紹介

2017年08月14日:陸奥新聞』時事通信電※

 2017年08月17日:福井新聞時事通信電※

 2017年08月18日:週刊読書人玉袋筋太郎「スナックは学び舎である」

2017年08月20日:愛媛新聞時事通信電※

 2017年08月21日:西日本新聞九州は「スナック王国」 別府出身の研究者ら本出版 地域連帯深め、治安に貢献?」【取材】

2017年08月21日:京都新聞時事通信電※

 2017年8月25日:J-WAVE・ラジオ、Koh Gen Do WORDS ALIVE「スナックは文明の最高到達点?!」[谷口出演]

2017年08月27日:佐賀新聞書評欄で紹介

2017年08月27日:高知新聞社会福祉事業団・あかねの里「施設長のふれあい日記」でご紹介

2017年09月03日:週刊現代佐々木俊尚「僕の人生を方向付けた10冊の本」

2017年09月04日:毎日新聞夕刊(東京版)「人模様」欄で紹介【取材】

2017年09月07日:『群像』10月号、随筆「スナックのヤバい話」[谷口筆]

2017年09月07日:毎日新聞研究者が学術的な本まとめる 最多は福岡・博多」【取材】

2017年09月08日:文化放送「おはよう寺ちゃん 活動中」でご紹介

2017年09月08日:毎日放送ちちんぷいぷい」でご紹介

2017年09月10日:朝日新聞書評欄(評者:椹木野衣

2017年09月10日: The Mainichi毎日新聞英語版)【取材】

2017年09月12日:BOOK LAB TOKYO渋谷道玄坂)にて講演会

2017年09月14日:週刊新潮9月21日号、10行書評欄にてご紹介

2017年09月15日:MBS毎日放送・ラジオちちんぷいぷい」でご紹介

2017年09月21日:NHKラジオ第1「すっぴん!」出演(P:麒麟・川島さん)

2017年09月22日:大阪MBSラジオ子守康範 朝からてんコモリ!」出演

2017年09月25日:日経ビジネス9月25日号【取材】

2017年09月26日:サンデー毎日でご紹介【取材】

2017年09月28日:「コミュニティとスナック」『中小商工業研究』133号[谷口筆]

2017年09月27日:ダヴィンチ・ニュースでご紹介

2017年09月30日:名古屋CBCラジオ北野誠のズバリサタデー」出演

2017年10月04日:週刊新潮「掲示板」欄でご紹介

2017年10月08日:東京新聞書く人」欄でご紹介【取材】

2017年10月11日:北海道新聞夕刊、社会面「スナック王国」でご紹介【取材】

2017年10月12日:『読売新聞』朝刊、文化欄「スナックは夜の公民館」【取材】

2017年10月12日:MXテレビバラいろダンディ」でご紹介

2017年10月15日:新宿二丁目 A Day in the Life トークイベント

2017年10月26日:Abema TV「スナックの経済学」にてご紹介【取材】

2017年11月01日:NHK NEWS WEB「最後にオンリー・ユー」シリーズ東京五輪今昔物語【取材】

2017年11月04日:文化放送ラジオ「なかじましんやの土曜の穴」

2017年11月05日:全商連にて講演

2017年11月07日:第一興商(東京)にて講演

2017年11月09日:第一興商(熊本)にて講演

2017年11月09日:Academist Journal「かたひじはらない法哲学者、スナック研究に挑む 」

2017年11月23日:文化放送ラジオ「くにまるジャパン」出演

2017年11月25日:図書新聞(12月2日・3329号)書評

2017年11月29日:しんぶん赤旗「ひと」欄でのご紹介

2017年12月03日:福島民報で講演会の紹介

2017年12月07日:会津若松(商工会議所取材)にて講演

2017年12月09日:福島民友で講演会の紹介

2017年12月11日:週刊プレイボーイ「本人襲撃」欄でご紹介【取材】

2017年12月12日:NHK「おはよう日本でご紹介

 

「おはよう日本」スナック特集

 12月12日(火)7時からの「おはよう日本」でスナック特集が放映されました。取材協力をして少しだけ登場したこともあるので、以下に簡単に内容紹介と感想などを。


 番組内容は上記の公式サイトに掲載された通りなのですが、やはり「介護スナック」の件が、とても印象に残りました。

 取材に来られた記者さんからも話には聞いていたのですが、このスナックは、もともと介護施設などを経営されている方が運営しているもので、スナックの従業員のひとたちも介護士の資格を持っているそうです。

 また、この「介護スナック」という名称は商標登録されており、高齢者を狙って食い物にするような形態での介護スナックを出させないようにしている、とも聞きました。番組で登場した「竜宮城」は横須賀にありますが、他の地域からノウハウを教えてもらいに来て、実際に開業しているお店も既にあるとのことです。志の高さに驚きました(スゴイ!)。

 ネットで番組への感想を見てみたところ、介護スナックに対しては賛否両論があるようで、「ディストピア感が半端ない」とか「ここまでやる必要があるのか・・・」といった意見も目にしましたが、実際に利用された方の感想などを見ると、今後さらに高齢化社会が進展する中で、本当に必要とされるものとなってゆくのではないか、と思いました。

 「竜宮城」の詳細については、利用者の方の声も含めて以下の記事の中によくまとまっていると思います。

 

 

 番組では、この他に五反田で「つながり」を求めて日替わりママがカウンターに立つスナックが紹介されていましたが、これは以前、三浦展さんが以下の記事で紹介されていたもの、そのものだなと思いました。これは、とても良い記事なので、改めて貼っておきます。特に以下の引用の下りがグっと来ました。

「街に、常連の店が2、3軒あるということは、その街に住んでいる理由があるということだと思うんです。会社から帰ってきて、ただ寝て、また会社に行くだけの街ではつまらない。その人が街に住んでいる理由がない。私自身も店に立つことで、この街にいる理由がある。街の中で自分が承認される場所をみんな欲しているんじゃないかな。そういう意味で、私はママをしながら、コミュニティの勉強をしているのだと思っている。本業もそういうことを考えることが多い仕事なので」 


 以上のような形で、高齢者と若者という2つのラインから新しい形のスナックを紹介した番組だったわけですが、10数分という短い枠の中に分かりやすく話をまとめていて、良い番組だったと思います。

 

 なお、番組では、スナック研究会と『日本の夜の公共圏』もスナックの歴史や社会的役割との関係で紹介されました。 

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

 

 

f:id:Voyageur:20171214103908j:plain

 

 余談ですが、以下の写真は、青森県三沢市のスナック街です。

f:id:Voyageur:20171214104011j:plain

 

 なお、途中ちょっとだけスナック研究会の写真も登場しますが、個人的に最もツボにはまったのは、以下の場面でした。

f:id:Voyageur:20171214102520j:plain

 

 スナック研究会で、わたしがインドネシア出張の際に買って来たバティックとペチ(peci)という正装用の帽子をかぶった伊藤正次先生(日本行政学の至宝・・・)が真ん中になって皆で笑ってる写真ですが、この映像をみたインドネシア関連の研究者から「ジャワのキアイ(土着のイスラーム指導者)感が半端ないです・・・」とのご感想を頂きました(腹を抱えて笑っている)。

 

 今回の取材は、この番組が放映される前の以下の記事への協力も含め、色々なやり取りをさせて頂きましたが、とても誠実に対応して頂け、気持ち良く取材協力させて頂きましたし、わたし自身も記者さんから取材で知ったスナック関連の話などを教えて頂き、とても勉強になりました。

 


 番組でも紹介された通り、スナックが出来たのは、先のオリンピックが開催された1964年(昭和39年)。次回2020年のオリンピックに向けて、スナック全体が盛り上がるお手伝いを更に続けてゆければと思います。

 

 

テレビ取材への苦言(NHK・クローズアップ現代+)

 本日、NHKの「クローズアップ現代+」から以下のような取材依頼のメールが大学の事務経由で転送されて来ました。武士の情けでディレクターの名前は伏せておきますけど、いい加減にしてね、という。

 

ーーー以下、転載。

 

 首都大学 都市教養学部
 教授 谷口功一様


 初めまして、私はNHKの「クローズアップ現代+」という番組ディレクターをしているXと申します。
 まだ企画の段階ですが、いま“場末のスナック”について取材を進めています。というのも、昨今の新進気鋭の実業家やクリエイター達は、ビジネスのヒントととして、お酒やおつまみがあまり美味しくないにも関わらず足を運んでしまう場末のスナックの魅力に迫ろうという動きがチラホラと散見されます。中には、酔い潰れてしまうママさんの代わりに常連客が新規客の対応をするケースは、ある意味サービス過剰主義の現場ではあり得ない、客と店側のインタラクティブな関係性を見いだす人も現れています。
 そんな、ビジネスの根底を覆す力を持つスナックの魅力を、ビジネスや文化的視線で取り上げる事が出来ないかと思い、研究グループを立ち上げていらっしゃる谷口様に智恵をお借りしたくご連絡した次第です。
 例えばですが、来週の頭などご挨拶も兼ねて、谷口様のもとにお伺いさせて頂くことは出来ますでしょうか?
 時間は谷口様のお手すきな時間で構いません。忙しい中、急な問い合わせになり失礼致しますが、何卒よろしくお願い致します。

 

---以上、転載。

  

 まずさあ、あのね、ウチの大学の名前は「首都大学東京」なの。馴染みがなくて申し訳ないんだけど、依頼する相手の所属先名称を初手から間違えるとかスゴイよね。

 その上でだけど、スナックというのは「お酒やおつまみがあまり美味しくないにも関わらず足を運んでしまう場末」なのですか、そうですか。そんな場末に「新進気鋭の実業家やクリエイター達」が「ビジネスのヒント」を求めて通っちゃう、と、ほーそうですか、へーなるほどお。んでもって「ビジネスや文化的視線」でございますか、ほへー高尚ですね。

 

 『日本の夜の公共圏 スナック研究序説』の最後のほうで、私は以下のように書いています。

「敢えて「学術的」ということを強調したのは、スナックを含む水商売を軽く見る向きへの私の中の反発心があり、「どうだスナックというのは、こんな立派な研究の対象たりうるものなのだ」と誇って示してやりたいというのが私の本音にある。世の中には水商売を軽く見る手合いもいるが、そもそも、水商売はバカでもできるような仕事ではないのである。一生懸命、真面目に日々の営業をしている夜の街のママやマスターたちに、わが国が誇る独自の文化の担い手として、誇らかな自信を持ち元気になって欲しい、というのが本書の隠されたメッセージでもある[214頁]」

 実業家様とかクリエイター様とかが、どんだけおエラいのか私のような学者の端くれにはよーワカランので、すいませんなのですが、サブカル的に見下した形でスナックを消費しようという態度は、上に引用した部分とつきあわせて考えてみるとどういうことになるのか、よく考えてからメールは送ろうね、と思った次第です。私からの返信は以下の通りですので、このエントリーも含めてお返事とかは一切、不要ですので。

 

---以下、転載。

 

 谷口です。以下、転送で送られて来ましたが、協力しません。

 スナックを「場末」の「お酒やおつまみがあまり美味しくない」場所と、初手から決めつける態度、非常に不快です。見下してますね。

 二度と連絡しないように。

 

---以上、転載。

 

 NHKからの取材依頼などで揉めるのは、これが初めてではなく(クロ現は実は二回目~)、もう数え切れないくらい不快なことがあったので、よほどの場合でない限り最近は基本的にメールが来ても無視している(これは民放も同じ)のですが、今回の件は、本当に許し難いものを感じ、また、このような態度でスナックに関する番組を作られたら、それを見て傷つくひとも出るだろうと思ったので、敢えて書きました。

 テレビの製作現場が、相当に厳しい労働環境で、番組が出来上がるまでの工程も相当に詰まっているなど、作り手も過酷な環境に置かれてるのは知ってますけど、だからと言って、こんなことがまかり通ると思ってたら、大間違いなのです。

 これまで数え切れないくらいテレビ取材の依頼などで死ぬほど不愉快な目に遭っているので、基本的にテレビに対しては激しい嫌悪感しか持ってないのですが、改めて今回、いい加減にしてくれねえかな、と思った次第です。

 これをお読みを方には老婆心ながらの助言ですが、テレビについては、本当に取材依頼とか来ても無視するのが一番です。なぜ、そうなのかは、既にボロクソに書いているものがあるので、機会があれば別の所ででも投下します。あの人らは「テレビに出してやるんだから文句いうなよ」というのが基本ですから。知るかっ、う゛ぉけ!なのでございます。

 

追記:ひとしきり怒り狂ってたのが落ちついたので、なんでこんなに怒ってんのか少しだけ説明しておくと、最近、スナックを経営している方たちやその関連事業をやられている方たちの前でお話させて頂く機会が増えているのです。そこでスナックの社会的意義について話すと、みなさん本当に共感して下さり、場合によっては、「よくぞ言ってくれた」と涙ぐむ方さえいます。長年まじめに営業して来られた方たちが、たくさん居るのを私自身が改めて思い知る中での、上記のようなメールだったわけで、そりゃ怒るわな、という話なのです。

 

追記2:上のような返信したワケですけど、デフォルトで何の返事も無いだろうと思います。これまでも、ずっとそうだったので。テレビってスゴイでしょ?

 

追記3:すいません、返信ありました。謝罪されており、中身も、わりかしマトモだったかも。でも、じゃあ何で最初から、そういうメールを送らないの?という話なのです。幾ら後から真摯に謝られても最初にあんなメール送って来られたら、こう反応するしかないのですよ。私からは再度返信はしませんし、もう放っておいて下さい、ホントお願いします。

 

追記4:朝起きたらエラいことになってたので、最後の追記。

 

 良い機会なので、これまでテレビから取材依頼を受けた際にあった実に色々な不愉快なことも含め、以下、記し留めておきます。

 今回の件について、「そんなに怒らなくても」というご助言も頂いたのですが、いや、正味の話、今回だけのことで怒ってるわけじゃなくて、下記のような諸々の蓄積の果てにこうなっているのです。そもそも、クローズアップ現代で不快な目に遭うの自体が、2回目なんですよ・・・。私だって1回こんなことがあったからって即キレるワケではないのです。

 さて、スナック研究会を始めて以来、本当に色々な依頼がテレビから来てるけど、基本的にメールの内容がいつもスゴイです。

 だいたい、収録日がいついつなので急いでいます!的な内容なんだけど、そんな君らの都合とか俺は知らんがな、なのですよ(明日とか明後日なんやで)。面識のない他人にお願いごとする時に、こっちの都合で急いでるんで!とか言って来るやつとか普通の社会で居ます?

 あとは、都合がつかないなどとお断りのメールをしたら、ほぼ100パーでそれへの返信はありません。「ちっ、使えねえな、次イコ~」ということなんでしょうが、あのねえ、という。

 書名も名前もクレジット出来ないし、謝礼もないのですが宜しくお願いします!とか言って来るのも結構いるんだけど、アタマ大丈夫?という感想しかないです。なに言ってんの、君は? 追いはぎか何かですか?という。

 これはテレビに限らないんだけど、ご著書まだ読んでないので内容を教えて下さい!とかいうのもナチュラルにありますね。すげえこと言うね、君は・・・。知人の編集者からよく聞く話では、お前んトコの本を番組で取り上げようかと思ってんで、まだ読んでないけど、とりあえず本を送れとかいうのも、よくあるようです。出版社側は、紹介されれば助かるので、こういう無体無礼な要求にも応えてますが、ホントは困惑しつつ怒ってるわけです。

 一番すごいのは、「テレビに出れるんですよ!なぜ断るんですか!」というの。コレは私の知人・友人でもホントに言われたことのある人が結構いて、マジかあ、気が狂ってるなあ、と思いました。本気で「テレビに出してやるんだから文句言うな」と思ってるようです(白目。 

 最初の頃は、真面目に対応してたんですが、ある時、本格的にこっちも限界に達したので、よほどのことが無い限りは、以降は無視しているのが現状です。

 とまあ、こんな感じになってるわけですが、今後テレビはどうなって行くのでしょうね。現実にBPO案件みたいなのも多いわけで、こんなこと続けていたら早晩、国家権力等からの強力な規制・介入を受けたとしても、ザマミロとしか思えないよね、というのが自然な感想なのではないか、とも。

 テレビは権力に対してギャーギャー吠えてますが、それが本性的な機能なんで完全に否定はしませんが、自分自身もまた強大な社会的権力であることを、もっとしっかりと自覚すべきでしょう。最近の犯罪被害者の実名晒しなどを見てると、ホントどうしようもねえ、恐ろしい放縦化した権力だよな、と思いますもん。

 色々ボロクソ書きましたが、現在進行形でテレビの取材(依頼)を受けており、テレビの世界にもちゃんとした人が居るのは知っているのです。しかし、上記のようなグダグダが常態であることは知られても良いと思うし、その上でテレビの自浄を期待したいところです。何年経っても記憶に残る素晴らしい番組もあるのですから。

 

玉袋筋太郎さんとの邂逅

 過日、赤坂にある玉袋筋太郎さん経営の「スナック玉ちゃん」にお邪魔して来ました。

f:id:Voyageur:20170803174715j:plain

 当日は、白水社で或る本の巻末につける座談会を行っており、参加者で神田のほうで夕食をとった後に、折角だから赤坂の玉袋さんのお店にお邪魔してみよう!というコトとなり、座談会で一緒だった、井上彰さん(東京大学)と『日本の夜の公共圏 スナック研究序説』の共同執筆者・横濱竜也さん(静岡大学)、そして担当編集者の竹園公一朗さんと連れだって、赤坂の街に降り立ったのでした。

f:id:Voyageur:20170803174621j:plain

 行く直前に予約は入れましたが、玉袋さんが当日、お店にいらっしゃるかは分からず、いちかばちか、お会い出来ればもっけの幸いくらいのつもりで、せめて形なりとも先ずはご挨拶を、と伺った次第です。素敵なお店でした。

f:id:Voyageur:20170803174830j:plain

 開店したての20時からお店に入ったのですが、すぐにお店は満員になり、店内で流れるMXテレビの「バラ色ダンディー」(生放送)に玉袋さんが出演していましたが、番組を観ていると、なんと、放送終了後に来店されるとの声が!


 長らく直接お目もじしてご挨拶したいと思っていた宿願が果たされた夜でした(感無量)。 

f:id:Voyageur:20170803173937j:plain

 玉袋さんには改めて『日本の夜の公共圏 スナック研究序説』を献呈させて頂きましたが、既にお読み頂いているとのことで、お褒めの言葉と共に、今後も一層スナック研究に邁進するようにとの激励の言葉も頂きました。 

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

 

 

 スナックから競輪の話まで、話題は尽きませんでしたが、お店も混んで来たので、今日はまずはご挨拶までにということで、遅くならないうちに辞去しました。また、ゆっくりとお話する機会があれば、これにまさる幸甚はありません。

 

 最後に全員での集合写真をば。

f:id:Voyageur:20170803174514p:plain

 

 良い夜でした、実に。

 

 

スナック論としての『人生の勝算』

 最近、ゼミの卒業生の西村創一朗さんから紹介されて前田裕二著の『人生の勝算』という本を読んだ。 

人生の勝算 (NewsPicks Book)

人生の勝算 (NewsPicks Book)

 

 1987年生まれの著者は、大学卒業後、外資系証券に入りニューヨークで活躍した後、ディー・エヌ・エーを経て現在、SHOWROOMという先端的なITサービスを提供する会社を経営するカリスマ的起業家であり、この本は著者自身の波乱に富んだ半生記の体裁も取っている。紹介されてすぐにkindleで2時間も掛からずに読了したが、読み物としても面白く、また、著者の人間的魅力も強く伝わって来る本だった。

 私が普段紹介するような本とは、およそ毛色の違う本であり、私じしんの親しい人たち(特に人文社会科学系の研究者や行政官)が手に取って読むことは、まずないだろうジャンルの本なのだが、既に述べた通り、掛け値無しに面白い本であり、また、この本は驚くべきことに「ビジネスコミュニティの真髄はスナックにあり!」と論じている本なので、以下、スナック研究の観点から、備忘を兼ねて書き記しておくことにしたい。

 この本の目次を見ると、いきなり驚くのだが、第1章「人は絆にお金を払う」の中に次のような項目が羅列してある。--「なぜスナックは潰れないのか」、「モノ消費からヒト消費へ--スナックの客は人との繋がりにお金を払う」、「AKBはスナック街である」、「コミュニティ作りがあらゆるビジネスの鍵になる」。

 

 私は最初、「え、スナック??!!」とひっくり返るくらい、驚いた。

 

 先に書いた通り、著者の人生は波乱に富んでおり、8歳で両親を亡くした後、ストリートで歌を歌っておひねりを貰っていたのがビジネスの原点なのだが、母親に連れて行って貰っていたというスナックでの思い出が、著者の原風景になっているのが伺える。例えば、以下の下り。

「母親によく連れてもらてちたスナックやカラオケで大人が歌っていたような昭和の歌謡曲が良いだろうと思いました。例えば、松田聖子テレサ・テン美空ひばり・・・吉幾三などの曲を練習して歌いました。」

 著者は、現在運営しているライブストリーミングサービス=SHOWROOMに関して、「コミュニティを築く上で大切な本質」は、実は「スナック」という意外なところに詰まっていたと言う。

 その上で、著者は「地方や下町の外れなどで営業しているスナック」が「どう見ても流行ってはいなさそうなのに、なかなか潰れない」でいて、15年とか20年も商いを続けていることが多々あるのは、何故なのか?--ということに思いを致し、以下のように言うのである。

「僕は地方出張に行くと、必ず現地のスナックを訪れます。その度に、「すべてのファンビジネスの根幹はスナックなのではないか」と思わされるような学びを得ます。家族の影響でもともとスナックは身近な存在でしたが、大人になってまた、スナックに潜む、永続するコミュニティの本質に気付かされています。」

 そこで先の目次にもあった問い「なぜスナックは潰れないのか?」へと至るのであった。--少し横路に逸れるが、統計的に見た場合、実はスナックは潰れている。わたし自身の手持ちのデータによるなら、2015年から2017年までの2年間での概数ではあるが、全国で2万軒以上のスナックが閉店している。ただ、これはココでの本筋とは別の問題なので、別途論じることにしたい。

 著者によるなら、単純な経営(財政)上の問題として、そもそもスナックが「潰れにくい」設計になっている業態なのである。つまり、「スナックは構造的にコストを最小限に抑制しながら売り上げをつくれるビジネスモデルになっている」と。少なからぬケースで、自宅を改装して営業している点で固定費としての家賃は抑えられ、また、従業員もミニマムである(ママ+α)。メニューも、薄めの酒に定番の乾き物があれば良い。ココでは「売り上げに掛かってくる変動費」も抑えられるワケである。従って、「ベースとして潰れるリスクの低い業態になっている」というのである。--以上の点に関してはスナックという業態に関して実はもう少し突っ込んだ議論が必要なのだが、おおむね間違っていないように思われる。

 ただ、「スナックが潰れにくい」という著者の主張を支えるのは、以上のようなドライな財政面上の事柄ではなく、「モノ消費からヒト消費へ」という「コミュニティビジネス」の側面こそが重要なポイントをなしているのである。

 著者によるなら、「スナックを訪れる客は酒や料理などの表層的なものを求めているのではない。つまり、目的が明確な「モノ消費」ではない」のである。

 著者は、「廃れゆく商店街の中で、スナックがなぜ最後まで潰れないのか」を問われた時、そこには2つの背景があると言う。

1)人がスナックに金を払う背景には「ヒト」が深く関わっている
2)「モノ」ではなく「ヒト」が消費理由になる場合、そこには「絆」という対価が生じているので、しょっとやそっとでは、その価値が消滅しにくい。

 「モノ消費」とは、「単純に機能的価値やコンテンツそのものを欲して対価を支払う」ものであり、景気や需要に大いに左右される。
 それに対して「スナック=ヒト消費」は、「より賞味期限が長く普遍的な、所属欲求や承認・自我欲求も満たされうる」ものなのである。

 著者によるなら、「ママの親身なアドバイスによって、つい人には言えない内面の弱さや悩みなども吐露してしまい、「本当のあるべき自分でいたい」といった自己実現欲求にまで消費裡由が昇華して」ゆくのである。

 このような意味での(ビジネス)コミュニティが形成される上での5つのエッセンスが存在し、これらは全て「スナックコミュニティ」という現象から抽象化されるというのが著者の核心的主張である。

1)余白の存在:ママは若くて綺麗な女性である必要はない。先に潰れても良いし、どこか頼り無くても良い。プロとしては粗だらけ。しかし、その未完成な感じが逆に共感を誘い、仲間をつくる。みんなでこのママを支えようという結束力が生まれ、コミュニティが強くなる。他の業態と比較した場合の、お客側からののエンゲージメントの調達の容易さ。

2)常連客の存在:空間をなるべく閉じられたものにすることによって、俺たちだけの場所といった所属欲求をかき立てている。

3)仮想敵をつくること:スナックでのトラブル。ママを責める常連客は、皆の敵になり、ママをみなで守ることで結束が強まる。

4)秘密やコンテクスト:トラブルのことは、他の客には言わないで我々の胸のうちだけに仕舞っておこうという共通認識やコンテクスト。

5)共通目的やベクトルを持つこと:お店のトラブルを解決するという目的に向かっていくことで「絆」が生まれる。

 

 以上を踏まえた上で、「AKBはスナック街である」と著者は言う。AKBでも仮想的=ライバルの存在が、それぞれのコミュニティの熱量を高めている、と。熱量の高いスナックがたくさん存在する、スナック街のようなグループがAKBなのだ、と。

 著者は30歳という若さにも関わらず「現役」のスナッカーであり、私のようにスナックについて色々と書き記す者にとっては、コレだけでも嬉しいことなのだが、彼自身の人生の原風景にスナックがあるということには、しみじみと感じ入るものさえあった。例えば、以下のような記述。

「5歳くらいで、遊び道具としての音楽と出会いました。韓国で歌手をしていた母と一緒に歌を歌って、歌う楽しさを覚えた。家族と一緒にスナックやカラオケで歌を歌うことが楽しみだった。デュオグループ「狩人」が歌う『あずさ2号』という直球ど真ん中の歌謡曲を兄と一緒に歌って親を喜ばせるのが、心から好きでした。」

 

 本書に関しては、冒頭の西村さんからご紹介頂いた後、西村さんが主宰する「朝渋」という早朝7時半から渋谷のイベントカフェで行われる、著者=前田氏とその編集者(幻冬舎・箕輪氏)が来て話す会にお招き頂き参加して、実際に著者が喋るのも聞いたが、実に魅力的な人物で、なおさらこの本の中で描き出された「スナック論」に説得力を感じたのだった。

asashibu33.peatix.com

 元ゼミ生づての縁で、とても良い本を知ることが出来、人生の奇縁を感じた週末だった(以上、念のため、スナック研究会代表の谷口功一による)。

 なお、蛇足ではあるが、本エントリーを読んでスナックに興味を持った方には、以下のスナック研究会による本もお手に取って頂ければ幸いである。 

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

 

 以上。

スナック研究会・大団円

 過日、サントリー文化財団からの助成を受けた形としては最後となる、スナック研究会の総括会を催してました。出席者は以下の通りですが、亀井源太郎さんと荒井紀一郎さんは、現在、それぞれコロンビア大学(ニューヨーク)・ハーヴァード大学(ボストン)に留学中なのでした(河野有理さんはご家族の、のっぴきならないご用事)。

出席者:谷口功一、井田太郎、伊藤正次、苅部直、宍戸常寿、高山大毅、横濱竜也、竹園公一朗

 当日は、以下のように、出席者全員からひと言ずつ、刊行された『日本の夜の公共圏 スナック研究序説』の感想を述べてもらいました。 

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

 

 

〔谷口〕
〇 まず表紙写真について。都築響一さんからご提供いただいたもの。表紙では意味づけが過剰になってしまうためにやむなくカットしたが、左半分に「大和たける」さんというインディーズ演歌歌手の方が写っていた。若くして病気で人工透析を受けるようになり、パートナーとともに音響器具をトラックに載せ、東北中を営業している。スナック「おかえり」は青森県某所にあるので、近々訪問してみたい。なお、大和さんについては以下の本の中で詳しく描かれている。 

演歌よ今夜も有難うー知られざるインディーズ演歌の世界

演歌よ今夜も有難うー知られざるインディーズ演歌の世界

 

 本の内容について。21世紀の奇書。とくに第2章~第4章、なかでも第2章(伊藤正次執筆分)が突出して変態的。
  反響。荒井論文191頁の「表1」で、1000人当たりのスナック軒数全国11位として出てくる北海道岩内町。本書を読んだ友人の編集者のおじいさんが通ったスナックのある街だった。おじいさんが元気にスナックに通っていた頃のことを思い出して涙したという話を聞き感じ入った。人の心に触れる部分のある本なのかもしれない。

f:id:Voyageur:20170628011949j:plain

〔横濱〕
〇「門前の小僧」として、あらためてすごい研究会とすごい本に参加させていただいたと思っている。他所では決して聴くことのできないすばらしく楽しい報告を、ただ聴くだけの立場で参加させていただいたことに、心から感謝したい。

f:id:Voyageur:20170628012011j:plain

〔高山〕
〇 寄稿論文について、最初は「玉袋筋太郎から『源氏物語玉の小櫛』まで」というタイトルで書くことを考えていた。タイトル案はネタであるが、内容は大真面目なものである。
〇 他の章について、第2章~第4章まで、法令関係の話であるにもかかわらず、吹き出してしまうところが満載で、電車内で読んでいて困った。

f:id:Voyageur:20170628012036j:plain

〔井田〕
〇 谷口さんとは吉野朔実さんを介しての出会いであった。今回、スナック研究会という形でご一緒することになったのは感慨深い。
〇 法律とは縁遠い分野を研究している者であるが、スナック研究は悪所研究やサロン研究という点で自らの関心と重なると思っていた。
伊藤論文や亀井論文の行間から醸し出されてくるもの、そして宍戸論文の共産党話には大爆笑させてもらった。
〇 法律の方々と研究会をご一緒したからこそ、これまで知らなかった「カフェー丸玉事件」を(織田作之助夫婦善哉』といっしょに)寄稿論文で取りあげることができた。

f:id:Voyageur:20170628012102j:plain

〔苅部〕
〇 寄稿論文にて触れた、板橋区の富士見町都営住宅は、実は家族の入院していた病院の近くだった。見舞いで1年ぐらい通っていたが、その頃は、そこのスナックを取りあげることになるとは思いもしなかった。

f:id:Voyageur:20170628012144j:plain

〔伊藤〕
皆さんから私の第2章について、いろいろ言っていただいているが、私としては(寄稿論文では十分でなく)まだもう少しやりたかったところ。それは食品衛生監視指導計画の部分。その点で実証研究として道半ばである。
〇 もう一点、スナックという切り口を与えられたからこそ、第2章のような内容が書けたところがある。(歴史を専門とする他の寄稿者に比べて)普通に研究をしているかぎりでは、比較的広がりが乏しいものになるなかで、スナック研究会のおかげで芸の幅が広がった。

f:id:Voyageur:20170628012211j:plain

〔宍戸〕
〇 酒も飲めず、欠席も少なくなかったなかで、最後まで参加させていただいたことがありがたい。
伊藤論文のすごい(変態的な)ところは、これだけの短い文章でこれほど多くの情報が整理されて示されていること。
〇 スナック研究会の面白さは、スナックという素材自体の面白さと、集まっている人々の面白さ。
〇 スナック研究から進んで、「カフェー丸玉女給事件」の学際研究や、荒井論文などを出発点にしたビッグデータの活用問題、スナックとSNS、スナックとAIといった情報法分野との連携なども、考えてみたいと思っている。

f:id:Voyageur:20170628012511p:plain

〔竹園〕
〇 編集者の役割は、マラソンにたとえれば、スタート地点の競技場で声援を送り、30キロ以降ゴールまで伴走すること。
〇 今回の本の寄稿者は、筋肉ムキムキの、力のある走者で、その意味では緊張感のある、きびしい仕事だったし、仕事を通して成長できた。

f:id:Voyageur:20170628012655p:plain

 伊藤正次さんによる第2章が「変態的である」ということで衆目が一致したのが大変印象的でした。

f:id:Voyageur:20170628012733j:plain

 

 なお、アメリカの亀井さん・荒井さん、そして河野さんからも以下のようなメッセージを頂きました。

 

〔亀井〕

〇 亀井@ニューヨークです。最終回の記録を拝見しました。出席できず、まことに残念です。「スナック」は、解釈論屋/刑事法屋にとって普段は与えられない切り口で戸惑った面もありますが、素晴らしいメンバーと楽しく議論できたことは幸せな思い出です。研究者になって本当によかったと思いました。御礼申し上げます。

f:id:Voyageur:20170628160512p:plain

 

〔荒井〕

〇 荒井@ボストンです。最終回の記録ありがとうございました。毎回、アプローチのまったく異なるスナックの「料理法」とそこで交わされる議論に個人的には緊張しっぱなしでしたが、とても勉強になりました。みなさんの章を読んで、自分の分析を見直すとやはり時系列のデータがあればなあと思った次第です。ニコ生で谷口先生がおっしゃっていたように、スナックの軒数は減少傾向ですし、時系列データがあれば「立地」にしても「機能」にしても、スナックが時代とともにどう変化したのかに迫ることができて、他章とのつながりももっと出せたかなと思っております。本当にありがとうございました。

f:id:Voyageur:20170628092545p:plain

 

〔河野〕

〇 最終回の様子を紙(PC)上で拝見し、改めて参加できなくて残念です。最近は若者の「飲み会」離れが叫ばれていますが、大人とて「形式的なつまらない飲み会」の苦痛は身に染みて感じているのではないでしょうか。しかしだからこそ、気の合う同士の肩ひじ張らない「実質的な懇親」への願望はむしろ高まるということもあるでしょう。「飲み会」を忌避する若者も(そこにアルコールが介在するかどうかは別問題として)そうした意味での「懇親」を望んでいないわけではないのでしょう。
〇 私の関心は、こうしたおそらく多くの人にとっては身近なはずの問題を「二次会」というキーワードを使って近代日本の経験として考えてみるということでした。それが成功したかどうかは読者の判断に委ねるしかありませんが、思えばこの会が研究会という「一次会」と懇親会という「二次会」が見事に融合した稀有な事例であったということは、「スナック」という場所の可能性を考える上でもかなり意味のあることなのではないかと思いました。皆さま、本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。

 

 当日は毎回の研究会に会場を提供して下さったお店(スナック)のママに研究会一同から御礼の記念品と花束の贈呈も行われたのでした。

f:id:Voyageur:20170628012802p:plain

f:id:Voyageur:20170628012822p:plain

 

 助成を受けた形でのスナック研究会は、このたびをもって一旦大団円を迎えたわけですが、研究共同体としては今後も持続してゆきたいと思っておりますので、今後ともご愛顧頂ければ誠に幸いです。

f:id:Voyageur:20170628013022j:plain

 

 現場からは以上でした。

学者が本気でやるバカに戦慄せよ

 

           スナック研究会謹製

     『日本の夜の公共圏 スナック研究序説』

                  刊行のご挨拶

   

                     出ました!!

f:id:Voyageur:20170616161952j:plain

 このたび、白水社より『日本の夜の公共圏 スナック研究序説』を刊行しました。はじめは編者であるわたし(谷口)が独りでコツコツと始めたこの研究が、サントリー文化財団の研究助成を受け、また綺羅星のようなメンバーと共にスナック研究会という研究共同体へと発展し、こうして一冊の書物にまで結実したのは、本当に感慨深いことです。実際に本を手に取り、しみじみと、よくぞココまで来たなと思いました。(上の写真は担当編集者さんの机の上です。) 

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

日本の夜の公共圏:スナック研究序説

 

 下記、出版社公式サイト(詳細目次など有り)

 日本の夜の公共圏 - 白水社

 

 先ず表紙の装丁からですが、この写真は座談会にご登場頂いた都築響一さんによるものです。「おかえり」という店名のスナックの看板が実にしみます。オビの右隅に居るオジサンは言わずとしれた「アンクルトリス」。柳原良平によるサントリー・トリスのキャラクターです。

f:id:Voyageur:20170413131849j:plain

 アンクルトリスについては、以下などもご参照。

 

 目次は以下の通りです。私以外のメンバーについては、掛け値無しに、この世代の人文社会系の研究者としては、考え得る限り最も優れた陣容を誇るものであると自負しています。メンバー構成は多分野にわたるので、この面子の「凄まじさ」の全容が分かる人というのは中々居ないかもしれませんが、一部でも分かれば、上記のことは十分に理解して頂けると思っています。何よりも本書の内容が、それを雄弁に語っています。

f:id:Voyageur:20170616112235p:plain

 本書は夜の巷にネオンを灯す「スナック」という存在について、徹底して「真面目に馬鹿をやる」ことを追及し切ったものです。一読、戦慄して頂けると幸いです。「こいつら、(本気と書いて)マジか・・・」という本に仕上がっています。

 

「こいつら、マジか」の画像検索結果

 いえ、本気(マジ)です。

 

 今ここで始まった、わが国におけるスナック研究史に燦然と輝く一里塚として、今後長く、そして広く読み継がれてゆくことを願うばかりです。

 

 ココで重大なお知らせですが、既に本書の続編も現在進行中で、「序説」である本書の続きとして、わたし、谷口自身のスナックに関する単独著作を鋭意執筆中です。何とか今年中には上梓したいと思っており、そこで、これまでのスナック研究のすべての蓄積と成果が解き放たれるコトとなります。乞ご期待。

 

 最後になりますが、今後いっそうのスナック研究を進展させるためにも、引き続き日本全国津々浦々のスナックを訪れてゆきたいと思っています。既に何件かのご依頼を頂いてはいますが、全国の商工会(議所)、料飲組合、青年会議所などからの講演のご依頼などには積極的に対応してゆきたいと思っていますので、講演のご依頼などは、下記のURLのフォームから、ご遠慮なくお声がけ頂ければ幸いです。


 以上、ご挨拶とお知らせまでに。

 f:id:Voyageur:20170616230307p:plain

 スナック研究会代表・谷口功一

 敬白。

 

追記:上記エントリー掲載後、本書発売日の6月21日はお菓子のほうではあるけれど「スナックの日」であることが分かり、余りの偶然に驚いていた。しかし、更に数日後、高山大毅先生が、この日は本居宣長大人(本書、第1章参照)の生誕日であることに気が付いてご教示下さり、この本は本当に何かの運命の下にこの世に出たものなのだなという思いを強く持ちました。

 

別府講演会「スナックからの地方創生」

  過日、大分県別府市で「スナックからの地方創生」と題した講演会を行って来ました。我が故郷ながら、別府は正真正銘の「スナック王国」なのです。

f:id:Voyageur:20161001232206j:plain f:id:Voyageur:20161001232253j:plain f:id:Voyageur:20161001232337j:plain

 中心的な飲み屋街は「北浜」ですが、以下の密集ぶり・・・。

f:id:Voyageur:20161001232505j:plain

 別府のスナック街についてはエントリーを改め、また後日、詳しく紹介する機会を持ちたいと思いますが、以下、講演会について。--当日は、別府商工会議所主催・別府料飲協同組合の共催による盛大な会で、100名以上の方にご参加頂きました。 

f:id:Voyageur:20161001230719p:plain

 当日は、研究会の代表である谷口による1時間ほどの講演を行いましたが、講演会後、研究会メンバーの苅部直先生、荒井紀一郎先生にもご参加頂き、来場者との交流なども行いました。

f:id:Voyageur:20161001230812p:plain

 上記、「囲む会」と少々気恥ずかしい案内になっていますが、こちらの方も100名以上の方にご参加頂き、多くの方と名刺交換・ご挨拶などさせて頂く中、色々な話を伺うことが出来ました。皆さんには望外に楽しんで頂けたようで、本当に良かったです。以下の通り、会場が凄いところで、結婚式場の「チャペル」での講演という・・・。

f:id:Voyageur:20160930083717j:plain

 講演会では、スナック研究会で得られた様々な知見を元に、自分で言うのも何なのではありますが、私(谷口)自身と別府との繋がりを活かした話をさせて頂きました。具体的な内容は以下の通り。

1.自己紹介
2.なぜスナック研究?(スナック研究の《原風景》としての別府)
3.スナック研究会について
4.スナックとは何か?
5.スナックの現状
6.スナックからの地方創生?

  今回は、スナック研究会が第1期を終了し、現在、研究成果物の書籍化のための作業フェイズに入っている中、これまで得られた知見を分かりやすくお伝えすることを心掛け、幾つかの視覚資料なども用いて講演を行いました。具体的には、特に上記「5.スナックの現状」において、全国のスナック店舗の数、全都道府県での総数・対人口比の比較(順位付け)、そして特に「別府」をフィーチャーした形でのデータ分析などを披露しました。

 これは書籍化に先立ってのサービス的な情報提供も兼ねますが、日本全国でのスナック分布は実は以下のようになっており、東北、そして特に西日本は圧倒的な数を誇っています。とにかく九州の各県は圧倒的なのです(下図:荒井紀一郎先生作成)。

f:id:Voyageur:20161001232942p:plain

 

 実は、生まれて初めてパワーポイントのファイルを新規作成し、また、実際に講演でパワポを操作しましたが、何て便利な文明の利器!と今さらながらに気が付きました。やはり、視覚資料の効果は大きいです。

f:id:Voyageur:20161001233435j:plain

 講演会終了後は、中庭にサントリー・八鹿酒造・三和酒類iichiko)・JAフーズおおいた・老松酒造の各社からブースが出され、大分の誇る美酒の数々の試飲会が行われました。

f:id:Voyageur:20161001233646j:plain f:id:Voyageur:20161001233803j:plain

f:id:Voyageur:20161002091309j:plain f:id:Voyageur:20161002091318j:plain

  試飲会終了後、普段は披露宴会場として使われている(であろう・・・)会場で盛大な「囲む会(懇親会)」が行われました。会場に入った瞬間に実は唖然としました(政治資金パーティのようだ・・・)

f:id:Voyageur:20161001234037j:plain f:id:Voyageur:20161001234102j:plain

  以下は、たくさんご挨拶頂いた中から、料飲組合・商工会議所の綺麗どころの皆さんからのご挨拶集です。

f:id:Voyageur:20161001234212j:plain

 

f:id:Voyageur:20161001234235j:plain f:id:Voyageur:20161001234423j:plain

  最後は、ご来場頂いたママさんたちからご自分のお店の紹介なども兼ねてご挨拶頂き、盛大な会は幕を閉じたのでありました。実に楽しくも華やかな会で、故郷に錦を飾るとは、まさにこのことだなと本当に感慨深かったです。

f:id:Voyageur:20161001235225j:plain

 私は、その後、今回お世話になったお店を中心に夜の街を行脚してまわったのですが、さすがに目一杯の予定が詰まった一日だったので、時計の針が日付を越える頃、4軒目で帰路についたのでありました。

f:id:Voyageur:20161001234918j:plain

 

追記:帰京後、西日本新聞と今日新聞に講演会の様子が記事として掲載されていました。

f:id:Voyageur:20161002000023j:plain f:id:Voyageur:20161002000048j:plain

 

以上。

スナック紀行--群馬県太田編

 「おくのふと道」と題して、青森のスナック街について記して来たが、東北以外のものについては今後「スナック紀行」の括りの下、これまで訪れた街について記し留めておくことにする。今回は、群馬県太田市

 太田市は、以前書いた「郊外の多文化主義」の冒頭で触れた外国人居住比率日本一の邑楽郡大泉町の隣にあり、私は大泉への調査に行く際、何度か太田を訪れているのだった。

 人口22万の太田市は、富士重工業(スバル)の企業城下町であり、北関東有数の工業都市である。

 地理的には「東毛」に属すが、「上毛かるた」などにも見られる、この「毛」の文字は、下野(しもつ《け》)という旧国名にある《け》であり、これは古代関東における「毛野(けの)」という勢力に由来しているらしい。

 これまで「おくのふと道」で記した、むつ(大湊)や三沢と同様、太田もまた軍都であるのは偶然なのだが、ここには戦前、巨大な軍需工廠であった中島飛行機が存在した。現在のスバルは、戦後、軍需産業に進出出来ないように解体された同社の末裔である。

 

 先述の通り、私は隣町への調査の宿所としてこの街を訪れたのだが、実は太田自体にも以前から興味を持っていたのだった。三浦展の『下流同盟』の中で駅前商店街が全て風俗業となった一種異様な光景が活写されていたからである。 

下流同盟―格差社会とファスト風土 (朝日新書)

下流同盟―格差社会とファスト風土 (朝日新書)

 

  東武特急・りょうもうで太田を訪れた私は、先ず、駅前右手に巨艦のごとく鎮座するドンキホーテを目にし、視線を正面に戻して少し歩いた先の光景に唖然とした。

f:id:Voyageur:20121016134402j:plain

f:id:Voyageur:20140825174315j:plain

 キャバクラ、熟女パブ、フィリピンパブその他、夜の商売のみが広い道の両側を占めているのである。これまで色々な歓楽街を歩きまわったが、駅のド真ん前の目抜き通りが、このような状態になっている街を私は他で目にしたことはない。

 日中ひとけのない、この駅前歓楽街は、高さのそろった低層建築のテナントに開店前の呑み屋がギッシリ詰まったまま沈黙し切り、その姿は、ひとっこひとりいない西部劇の街のようでさえある。「ハードボイルド」という言葉こそが似つかわしい。

 かつてに比べると、随分と客足も落ち、夜の街の活気も失われたと聞くが、路地裏も含めた店の数は膨大であり、スナックも多数存在している。

f:id:Voyageur:20121016134246j:plain f:id:Voyageur:20121016131230j:plain f:id:Voyageur:20121016134138j:plain

 ひとつ気になったのは、なぜか熟女パブが多いのだが、理由は不明である。

f:id:Voyageur:20121016134528j:plain f:id:Voyageur:20121016134553j:plain

 

 なお、太田については勝谷誠彦の『色街を呑む!』で1章を割いて扱われている。この本は本当に名著で私は大好きなのだが、ちょっとココには記せないような過激なことが記されている箇所も多いので、内容については割愛する。機会があれば是非、手に取って読まれたい。 

色街を呑む!―日本列島レトロ紀行 (祥伝社文庫)

色街を呑む!―日本列島レトロ紀行 (祥伝社文庫)

 

 

 日中、隣町の大泉町で調査をしていた私は、夕方、タクシーで太田へと戻って来た。タクシーの車内では「本社のひとですか?」とためらいなく聞かれたが、なるほど確かに、ここは観光などで来る場所ではないだろう。

 いつも通り、陽のあるうちにスナック街を歩き回った私は夜のとばりが降りると共に、これまたいつも通りに、一人で夜の街へと繰り出したのだった。

 ちょうど呑みに出た日が平日だったこともあり、とにかく人出が少なく、正味の話、当日の、この駅前歓楽街の客引き・キャッチは総出で私をターゲットにして声を掛けて来た・・・どころの話ではなく、わたしは道ばたでほとんど彼らに囲まれ、競りをするように各自の店の特色を宣伝され、値引き合戦をされ、そうして幾つかの店に入ったのだった。

 値段はどこもおおむね安く、調査目的である日系ブラジル人の話だけでなく、ペルー人の話なども聞くことが出来、大変有益だった。客引きのひとりが大泉町から来ている日系ブラジル人の青年で、酒を酌み交わしながら、彼から話を聞けたのも大きな収穫だった。何度目かに訪れた時、この店も無くなってしまっていたのではあるが。

 この手の調べ物をしている時、呑み屋での会話で案外重要な事柄なヒントを得ることも少なからずあるが、録音するわけにもゆかず、相手の目の前でメモを取るなど言語道断なので、わたしは毎度、酔っ払いながら必死でトイレの便座に座り、メモを残すのだった。後で見返した際、ときどき何を書いてあるのか分からず、「ちっ、このクソ酔っ払いめ(←自分)」とも思うのだった。

 ところで誤解がないように大急ぎで言っておくが、いつも飲み代は全て自腹である。このようなことに公費を使うことなど宇宙がひっくり返ってもあり得ない。事務に領収書を持って行ったら殺されるだろう。

 閑話休題--先に述べた通り、観光目的で来るようなところでは金輪際なく、郷里であるかスバルなどの関係者などでない限り訪れることのない街なのではあるが、何度か訪れた私は、この街に奇妙な親近感を抱いており、テレビなどで群馬や太田と聞くだけで、妙に嬉しい心持ちになるのだった。

 

 最後に太田のベスト・ショット。

f:id:Voyageur:20140825174133j:plain

本当に恐ろしいほど味わいのある佇まいである。ボア・ノイチ太田。

 

以上。